楽天市場:お勧めの逸品
使うほどに味が出る本革トランクリーブス 人気モデル「サルサ」の最上級シリーズ リモワ サルサ デラックス 長期の旅行に最適な大型キャリーケース イーグルクリーク ORV
長期の旅行に最適な超大型キャリーケースイーグルクリーク 日本製!クラシカルなフォルムのハンドメイドトロリータイムボイジャー TVドラマや映画でも良く見る siffler(シフレ) ユーラシアトランク キャリーケース

2012年02月14日

出版社から大きな封筒が・・・

出版社から大きな封筒が・・・

こんにちは、亀山築城です。
先日の土曜日に私の原稿を預けっぱなしにしている出版社から大きな封筒が着きました。

要は早く出版しませんか?との催促の手紙です。

私の電子書籍をご購読戴いていらっしゃる読者の方々はご存じですが、私の歴史小説「浦島太郎って誰?」と「屋嶋の禿げとその兄達」の原点となる長編小説が有ります。
その原稿を出版社に預けたままにしていた訳です。

この作品は私の考古学研究の成果から書き上げた作品ですので、私の創作の源泉として完成した作品にしたいと思い始めました。
そこで出版社には迷惑をかけているのは重々承知ですが、現行の原稿よりもっと良い作品にしたいと思うのは誰しもそうだと思います。
しかし、出版社は自分のところに出された原稿は完成された文章だと認識をしているようで、私の希望とはかけ離れているように感じます。

本当は考古学者になりたかった工学系研究者の亀山築城(かめやま ちくせい)・・・実は私のペンネームのまま、この小説に亀山築城を登場させています。そして亀山築城は私の実像に近い設定です。
その彼が屋嶋壇ノ浦の源平合戦で有名な香川県の高松市に在る屋嶋の古代韓国式築城法で築かれた「屋嶋ノ城 ヤシマノキ」の城門跡で、韓国から訪れた女子大学生のグループと擦れ違い、その中の一人に何故か引き付けられる物を感じて、つい話しかけるのが、この小説の導入部分です。
この二人は見えない糸を手繰り寄せるようにして、やがて結ばれる様子を描いています。
彼らがどうして結ばれるのか・・・。その原因を考古学・歴史学的な側面から幾つもの時代を経て描いた長編小説です。

自分でも完成した作品のつもりでしたが、この時代はもっとこう描きたいと思い、加筆修正を繰り返していました。

そうしながら「浦島太郎って誰?」と「屋嶋の禿げとその兄達」の構想が出来上がって、本編のこの小説に書き加えずに別な本に仕立てました。この二つの本は、長編小説の一時代を詳細に描いた作品になりました。
他にも動物繁殖業者に飼育放棄させられたグレートピレネー犬を引き取った体験から動物愛護エッセイ「僕たちを判って!」や、学生時代の施設訪問ボランティア体験を元にしたエッセイ「この子達と共に歩んで」なども書き進めて電子出版しています。

自分の工学系の研究も、学会の代表の教授から認められた研究案件なので、その研究も進めなければなりません。

結局、出版社には迷惑のかけっぱなしになってしまい・・・。もう少し?イヤもっと長期間出版を待って欲しいと考えています。
そして、この作品はこれだけではなくて連載の小説として構想が練りあがっていますので、「もっと時間が欲しい!」と願っている毎日です。
posted by 某研究者 at 13:01| 東京 ☁| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

私事で恐縮ですが・・・・

私事で恐縮ですが・・・・


亀山築城(かめやま ちくせい)です。
あまり「でじたる書房」のホームページを見ていないので、急にこのような記事を書かせて頂く羽目になってしまいます。

先日、お知らせ致しました。
携帯用(スマートフォン・iPhoneなどなど)の私の作品;「屋嶋の禿げとその兄達」が下記のページで紹介して頂き、

スマートフォンやモバイルでも電子書籍が読みたい!


それ以外に、「浦島太郎って誰?」を、下記の「今週のおすすめ」で推薦して頂いていました。

今週のおすすめ

 私の作品一覧は、でじたる書房のこのページでご覧になれます。
この著者の作品一覧

年末年始のお休みの時に読書をなさるご予定の方は、ぜひ私の電子書籍もその候補に入れて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。
posted by 某研究者 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

スマートフォンなどをご利用の皆様へ!私の作品が「でじたる書房」で紹介されています。

スマートフォンなどをご利用の皆様へ!私の作品が「でじたる書房」で紹介されています。

「スマートフォンやモバイルでも電子書籍が読みたい!」と云う特集で、紹介されました。

いつも私の作品をご購読頂き有難う御座います。

だいぶ前から、私の作品集がスマートフォン用に変換されているのに、皆様へお知らせもさせて頂いておりませんでした。
そのような私ですから、今朝まで気が付かなかったのですが、私の作品の一つ「屋島の禿げとその兄達」が紹介されて居るのを、久し振りに「でじたる書房」のホームページで発見したのです。

この作品は、日本三大狸の一匹である「屋島の禿げ こと 太三郎狸」の生涯を描いた作品です。
年末年始のお休みの時に、ぜひご購読下さってお読み下さい。

下記のリンクからお越し下さい。
スマートフォンやモバイルでも電子書籍が読みたい!

他にも私の作品がスマートフォン用にデータ変換されています。

下記のリンクもご覧下さい。

僕たちを判って!
私の歴代の愛犬や創作上の犬たちが、私達人間を愛していると、彼ら犬の目線で描いた作品です。

浦島太郎って誰?
浦島太郎って誰なのでしょうか? 私はこの様な人がその雛形になったのでは無いかと考えて、この歴史小説を書いて見ました。

この子達と共に歩んで (第一章 初めての博愛園)
私が学生の頃に活動していたボランティア活動で行っていた養護施設での出来事をエッセイにして見ました。その第一章です。

この子達と共に歩んで (第二章 ふれあい)
上記のエッセイの続き(第二章)です。長期間続けていたボランティア活動ですので、何冊もの連載になると思います。

折角の長い休みを、私の作品で過ごして頂くのは、ちょっとだけ心苦しく感じます。
しかし、皆様から頂いた書籍代の印税を、私の工学研究の研究実験費などに使わせて頂ければ幸いです。
是非とも皆様のご購読をお願い致します。
posted by 某研究者 at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

最近はこんな事ばかりしています

 ブログの更新を暫くしていないですね。

 福祉機器の研究費を得るために始めた小説などの創作ばかりしている毎日です。

 いつの間にか五冊の電子書籍を出版していました。
 今回、出版社からの依頼もあって、スマートフォンやiPhoneなどの携帯電話用の電子ブックデータ変換をしています。
 ただ変換するだけでは面白くないので、文章を読み返して書き直す作業を始めています。
 取り敢えず四冊分のデータ変換が終わりましたので、お知らせ致します。

 宜しければ「でじたる書房」で出版中の私の作品のご購読をお願い致します。

 これらの本は電子ブックですので、ご購読戴くには電子書籍をダウンロードして戴く事が必要となります。
 また「でじブック形式」はでじブックリーダーのインストールも必要です。
 PDF形式は殆どのパソコンで読める形式ですが、パソコンによってはアドビのリーダーが必要になります。

 私の電子書籍は下記の販売リンクから、購入、ダウンロード出来ますので、宜しくお願い致します。

 今回からスマートフォンやIPhoneなどのモバイル用の電子書籍も販売を開始致しました。




僕たちを判って!

 この本は既に愛犬家の方には不要な本だと思っています。
 これから犬を飼おうとお考えの方々にご購読をお願い致したいと思います。

 ペット繁殖業者から飼育放棄されて、山中に棄てられたグレートピレネーを預かった事から、この本を書こうと決心しました。
 年間に三十万頭にも及ぶ犬達が飼育放棄されたり、業者から棄てられたりして殺処分されています。
 幸せに生涯を終える犬達の陰で不幸せな犬達が居る事を知って下さい。
 私たちを懸命に愛してくれる犬の姿を描いてみました。


僕たちを判って!--背表紙(400).jpg
でじたる書房の私の作品「僕たちを判って!」販売サイト:
僕たちを判って!でじブック形式 400円
僕たちを判って!PDF形式    420円
僕たちを判って!モバイル版   420円




浦島太郎って誰?

 この他の作品で、私の個人的な考古学研究からの成果を、おとぎ話に適応させた「浦島太郎って誰?」が出版されています。決して考古学論文では在りません。おとぎ話の様な小説に仕上げています。

 浦島太郎と桃太郎に出てくる鬼とが出会ったらどうなると思いますか?
 考古学的に分析した結果を元に、小説にしてみました。

 下記に電子書籍の出版サイトを記載致しますので、是非ともご購読をお願い致します。

「浦島太郎って誰」販売 リンク:
浦島太郎って誰?(400).jpg
浦島太郎って誰? 【でじブック形式】価格¥735(税込)
浦島太郎って誰? 【PDF形式】    価格¥735(税込)


屋嶋の禿げとその兄達

日本三大狸・・・・。
皆様はご存じでしょうか?

日本三大狸とは、この本の主人公「屋嶋の太三郎狸」「佐渡の団三郎狸」「淡路の 芝右衛門狸」と云う事になっています。

時は縄文時代、三匹の子狸が山中で生まれました。
野生の掟で、親から離れ禁断の山に分け入った事から、この三匹は妖怪変化としての力を持つ事になります。
やがて兄弟同士でも別々に暮らすようになって、主人公の太三郎狸は屋嶋に、次男の太次郎は大麻山(象頭山)に、長男の太一郎は城山、飯野山、と住み移って最終的に丸亀城の亀山に住み着きます。

彼らの各地の生活と、この讃岐の国で起きた事象を搦めて、この本を書き上げました。

皆様のご購読をお願い致します。

屋嶋の禿げとその兄達(表紙400).jpg
でじたる書房の私の作品「屋嶋の禿げとその兄達」販売サイト:
屋嶋の禿げとその兄達でじブック形式 420円
屋嶋の禿げとその兄達PDF形式    420円
屋嶋の禿げとその兄達モバイル版   420円


この子達と共に歩んで 第一章

私が学生だった頃、何も知らずにボランティ活動に足を突っ込みました。
行き先は高知県の土佐山田町にある「博愛園」
この児童養護施設の初代園長先生が、坂本龍馬の姪で「岡上菊江」女史です。
手探りで不安な気持ちを抑えて、子供達に接しようとする私を描いてみました。

この作品の中から、ボランティア活動の根本的な考え方や活動の仕方などを読みとって頂ければと願っております。

長い間の活動でしたので、何冊かの連載になります。
どうか皆様のご購読をお願い致します。

この子達と共に歩んで(400).jpg
でじたる書房の私の作品「この子達と共に歩んで 第一章」販売サイト:
この子達と共に歩んで 第一章でじブック形式 315円
この子達と共に歩んで 第一章PDF形式    315円
この子達と共に歩んで 第一章モバイル版   315円


この子達と共に歩んで 第二章

私が学生だった頃、何も知らずにボランティ活動に足を突っ込みました。
行き先は高知県の土佐山田町にある「博愛園」
この児童養護施設の初代園長先生が、坂本龍馬の姪で「岡上菊江」女史です。
手探りで不安な気持ちを抑えて、子供達に接しようとする私を描いてみました。

この作品の中から、ボランティア活動の根本的な考え方や活動の仕方などを読みとって頂ければと願っております。

長い間の活動でしたので、何冊かの連載になります。
どうか皆様のご購読をお願い致します。

この子達と共に歩んで 第二章(400).jpg
でじたる書房の私の作品「この子達と共に歩んで 第二章」販売サイト:
この子達と共に歩んで 第二章でじブック形式 315円
この子達と共に歩んで 第二章PDF形式    315円
この子達と共に歩んで 第二章モバイル版   315円


 電子ブックは、本の流通の半分以上がこれに取って代わると噂されている本で、最近巷で流行っている本です。前述の様にパソコンで読んで頂く事になります。
 私の作品を扱って貰っている「でじたる書房」には、無料の本も御座います。一度「でじたる書房」にお越しになって、その無料の本をダウンロードして、この週末に読書を楽しまれてはと、心からお進め致します。
 でじたる書房と無料お試し版コーナーはこちらから;
 「でじたる書房」
 無料お試し版コーナー

posted by 某研究者 at 16:02| 東京 ☁| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

募金協力のお願い!ゴールデンウィークを利用して読書をなさりませんか?

募金協力のお願い!ゴールデンウィークを利用して読書をなさりませんか?

今年の長いゴールデンウィークのご予定は?

今流行りの電子書籍(電子ブック)で読書をなさりませんか?

私が電子出版させて貰っている出版社のご厚意で、私の書籍購入代金全額を東日本大震災被災地支援金募金として、出版社から赤十字社に寄付して貰えます。

この機会に私の著作をご購入頂ければ、その金額全てを被災者の方々への募金として寄付する事になります。
5月9日正午までのご購入受付となっておりますが、是非ともご購入戴いてゴールデンウィークに読書なさられたら如何でしょうか?

簡単な私の著作のご案内を致します。

私の著作「この子達と共に歩んで」のご案内

私がまだ若かった学生の頃の話です。
高知県の土佐山田町に在る「児童養護施設 博愛園」にボランティアとして初めて参加する時からの事柄を、このエッセイとして描き始めています。

右も左も判らない私が、不安な気持ちで子供達とどの様に接していったのか、そして子供達はどの様に付き合ってくれたのかを書き進めたいと思って居ます。

施設訪問ボランティアとして活動していた私は、他にも国立療養所「大島青松園」「長島愛生園」、それから身体障害者ボランティアグループのお手伝い・・などをしてきております。

ボランティア活動を通じて得られた大切な宝物、そして私の至らない失敗などから、ボランティアの考え方や活動の仕方などを読みとって頂ければと思って居ます。

でじたる書房さんで電子書籍として出版させて戴きました。
これはパソコンで読む事が出来る本です。
書籍代315円ですが、5月9日まで書籍代全額が東日本大震災被災地支援賛同作品として戴き、その全額をでじたる書房さんが赤十字社に寄付して貰えます。

下記のリンクから私の作品のページに入れます。そこからダウンロード購入をして頂ければ幸いです。

PDF形式の本はWindowsやMacでも、普通はそのまま読む事が出来ます。

でじブック形式の本はWindows専用のリーダーのインストールが必要です。


この子達と共に歩んで
PDF形式の本です。315円

この子達と共に歩んで
でじブック形式の本です。315円



「僕たちを判って!」のご案内

この電子書籍も東日本大震災被災地支援賛同作品です。
この書籍は、犬目線で書いた動物愛護エッセイです。
私の愛犬との触れ合いや創作上の犬を描いてみました。
私達を愛して止まない犬の思いや気持ちを、犬の目線から表現したつもりです。
実は、今から約十年前の事ですが、繁殖業者から飼育放棄されて隣県の徳島県の山中に大型犬ばかり二十四頭捨てられた事件が有りました。
その時に全国から引き取りの問い合わせが有りましたが、最後の二頭の引取先が見付かりませんでした。
そこで、私はその内の一頭を預かったのです。
グレートピレネーのイヴ、彼女との十年近い付き合いの中で、世の中には彼女のように辛い目をして生きてきた犬が多い事を思い知ったのです。
その様な不幸な犬達の声を代弁したく、このエッセイを書き上げました。
愛犬家の方に読んで戴くのではなく、これから犬を飼おうとなさる方や、全然、犬にご興味も持ったいらっしゃらない方々に、この本を読んで戴きたいと願っています。

僕たちを判って!
動物愛護の犬目線のエッセイです。PDF形式の本です。420円

僕たちを判って!
動物愛護の犬目線のエッセイです。でじブック形式の本です。420円


「浦島太郎って誰?」のご案内

この電子書籍も東日本大震災被災地支援賛同作品です。
この書籍は、私が個人的に研究を進めていた考古学研究の成果を論文として世に出すのではなく、小説として組み替えて発表した物です。
この瀬戸内海沿岸、そして島根県や鳥取県の出雲地方や伯耆大山周辺には特有な民俗習慣が有るように思っております。
その様な事柄から、この香川県に伝わる二つの物語、「桃太郎の鬼退治」と「浦島太郎物語」について、分析と考察を行いました。
そして私の考古学の仮説とこれらの考察がとても近くて関連が有りそうだと気が付いたのです。
そこで、浦島太郎と桃太郎に登場する鬼=温羅(ウラ)とが、弥生時代に出会ったと仮定して、この小説を書き上げました。
けっして考古学論文のようには書いておりません。
桃太郎の物語を思い浮かべになりながら、この小説をお読み下さい。

浦島太郎って誰?
弥生時代の歴史小説です。PDF形式の本です。735円

浦島太郎って誰?
弥生時代の歴史小説です。でじブック形式の本です。735円


東日本大震災被災地の皆様の為に、この私に出来る事・・・・。
私の書籍で被災者の皆様に少なくても支援が出来ればと願っております。
皆様のご協力をお願い致します。

5月9日までに、ご購読をお願い致します。宜しくお願い致します!
posted by 某研究者 at 15:33| 東京 ☁| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

更新もせずにご無沙汰を致しております

更新もせずにご無沙汰を致しております。

亀山築城です。現在、学生時代のボランティア体験を元にした本を執筆中です。でも、懐かしい思い出にキーを打つ手が止まってしまいます。この本も被災地支援金として電子書籍代全額を出版社のご厚意で寄付して貰えます。出来ましたらこの本も購入して戴き、被災地の為にご協力をお願い致します。

施設訪問ボランティアのリーダーをしていた私は、児童養護施設や国立療養所(ハンセン氏の療養所)に毎年夏休み期間中に、それぞれ一週間ずつワークキャンプに行っておりました。
児童養護施設は高校生を中心として、養護施設の為に、草抜きやペンキ塗り、子供達の宿題を見たり、一緒に海水浴に行ったりしておりました・
国立療養所は大学生と社会人が中心になって、島に在る療養所の誘導柵のペンキ塗り、海岸清掃、雑草刈り、病棟訪問などを行っていました。

現在執筆中の電子書籍は、児童養護施設の活動を描いています。
どうしても子供達との思い出を心に浮かべると、大昔の事ですが、とても懐かしくその思い出に浸ってしまいます。

いつもだったら直ぐに書き上げる執筆ペースも、その為に時間が掛かっています。

現在、でじたる書房の被災地支援賛同作品一覧に指定されている私の著作は下記の二冊です。
リンクをクリックして戴くと、本の説明ページに入れます。宜しくお願い致します。

犬達の視点で描いたエッセイです。

僕たちを判って! 【でじブック形式】

僕たちを判って! 【PDF形式】

浦島太郎と桃太郎の鬼とが出会ったらどうなるでしょうか?そんな事を考えながら書き上げた歴史小説です。

浦島太郎って誰? 【でじブック形式】

浦島太郎って誰? 【PDF形式】


ブログを更新もせずに、一日中パソコンに向かっている毎日です。
早く書き上げて、元のようにブログを更新致しますので、それまでのご猶予を戴ければ幸いです。

それから、こちら四国でも、ミネラルウォーターやインスタントラーメンなどが品薄になってきました。
この記事の一つ前の記事は、手に入らないと困っていらっしゃる方々にお知らせ致そうとフリーページに纏めて作ってみました。
宜しければ、この下の記事もご覧下さい。
                     亀山 築城
posted by 某研究者 at 14:08| 東京 ☀| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

浦島太郎って誰?

電子ブックをお読みになられた事はありますか?

私の電子書籍を出版致して居ります。

本屋さんに行かずに買える電子ブックを読みませんか?
ネットで落として、ご自宅でのんびりと読書・・・・・。
でじたる書房では無料の本も有りますので、先ずそれらを読まれては如何?


でじたる書房 ←このリンクをクリックして下さい。


香川県に伝わる二つのおとぎ話、「浦島太郎物語」、「桃太郎の鬼退治」これらをモチーフにして小説を書き上げました。
浦島太郎と鬼が出会ったら、果たしてどうなるのでしょうか?皆様は如何創造されますか?
ご興味を持って頂けた方は、下記のリンクの私の作品の説明ページにいらっしゃって下さい。
題名:「浦島太郎って誰?
私の考古学研究から導き出した浦島太郎の小説です。是非ご購読をお願い致します。

考古学小説「浦島太郎って誰?」のご案内

posted by 某研究者 at 14:14| 東京 ☁| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

電子ブックをお読みになられた事はありますか?

電子ブックをお読みになられた事はありますか?

私の電子書籍を出版致して居ります。
  
電子ブックですので、本屋さんに出掛けなくてもネットでダウンロードするだけで、パソコンで読む事が出来ます。
動物愛護をテーマとした私のエッセイです。皆様に是非ご購読をお願い致します。
試しに「僕たちを判って!」の題名を、Yahoo!やGoogleで検索してみて下さい。私の電子ブックの説明・販売サイトのリンクがトップで表示されます。
ご興味を持って頂けた方は下記のリンクの私の作品の説明ページにいらっしゃって下さい。
題名:「僕たちを判って!
私の作品で動物愛護のエッセイです。是非ご購読をお願い致します。

僕たちを判って!

posted by 某研究者 at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

今流行の電子ブックは読まれましたか?

今流行の電子ブックは読まれましたか?

本屋さんに行かずに買える電子ブックを読みませんか?
ネットで落として、ご自宅でのんびりと読書・・・・・。
でじたる書房では無料の本も有りますので、先ずそれらを読まれては如何?
でじたる書房 ←このリンクをクリックして下さい。

ご興味を持って頂けた方は下記のリンクの私の作品の説明ページにいらっしゃって下さい。
題名:「浦島太郎って誰?」
私の考古学研究から導き出した浦島太郎の小説です。是非ご購読をお願い致します。

考古学小説「浦島太郎って誰?」のご案内
posted by 某研究者 at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

私の小説「浦島太郎って誰?」が、でじたる書房から電子出版されました。

私の小説「浦島太郎って誰?」が、でじたる書房から電子出版されました。

この電子ブックはパソコンで読む事が出来ます。

四国は香川県に伝わる二つの太郎伝説・・・・・。浦島太郎伝説と桃太郎伝説ですが・・・。
その浦島太郎伝説と、桃太郎の鬼とを絡ませた小説です。
私の考古学研究の研究成果から、この小説を組み上げました。
題名通りに浦島太郎が誰なのかを描きました。

下記のリンクよりご購読下さい。宜しくお願い致します。
写真リンクかテキストリンクをクリックして戴くと、作品紹介ページに入り、購入手続きが出来ます。

shiudeyama1.gif
浦島太郎って誰?
posted by 某研究者 at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | 私の作品のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。