楽天市場:お勧めの逸品
使うほどに味が出る本革トランクリーブス 人気モデル「サルサ」の最上級シリーズ リモワ サルサ デラックス 長期の旅行に最適な大型キャリーケース イーグルクリーク ORV
長期の旅行に最適な超大型キャリーケースイーグルクリーク 日本製!クラシカルなフォルムのハンドメイドトロリータイムボイジャー TVドラマや映画でも良く見る siffler(シフレ) ユーラシアトランク キャリーケース

2009年06月05日

北海道旅行 大沼公園

s-北海道旅行2006042236.jpg北海道旅行 大沼公園

 今回は、嫁はんとの二人旅です。

 火山学にも興味のある私は、駒ヶ岳を訪れています。しかし、嫁はんはこれが最初です。

 説明:駒ヶ岳は活発な火山活動を続ける活火山であります。この大沼公園も、駒ヶ岳の噴火活動に依る堆積物に依って川などが塞き止められ出来た沼で、大小の沼が在りますが、中でも大沼公園として有名なのは、大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼です。小さな島が点在して浮かんでいますが、これは噴火に伴う泥流によって押し出された岩塊や溶岩が集積してできたものです。
 写真は、大沼から駒ヶ岳を望める方向を撮ってみました。

活火山:駒ヶ岳
種類:成層火山
 元は標高約1700mの富士山に似た成層火山だったと考えられています。しかし、過去の寛永17年(1640年)、安政3年(1856年)、昭和4年(1929年)に起きた度重なる大噴火に依って、その山体が崩落し、現在のような山体になっています。

 宿泊した鹿部ロイヤルホテルのホームページのアドレスを記載致しておきます。
http://www.daiwaresort.co.jp/shikabe/

 それから、このブログと殆ど同時進行で、私のホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、是非とも御出で頂ければと思います。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。特に旅行記の写真は、ここよりも大きな写真を多用して、必要なところは判りやすく致しておりますので、ぜひお越し下さい。また、旅行記はこのブログより記事が先行致して居ります。写真もここより大きな写真を掲載致して居ります。毎日、三回程度更新致して居りますので、是非ともお越し下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。

http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;

http://kameyamachikusei.web.fc2.com/

旅行専門ホームページ:21世紀の浦島太郎の旅行記

http://urashimataro21.web.fc2.com/


 今回の旅行には使っていませんが、東京などの学会や研究セミナーなどの出張には、下記のプランを使えて、安く旅程が組めてとても便利です。是非とも、利用してみて下さい。
 下記のバーナーをクリックして頂ければ、出張や、旅行の予約が簡単に出来ます。特にANA楽パックは、ホテルと飛行機などを別々に予約するより遥かに安価になりますのでお勧めです。私も東京などの出張には必ず使っていました。浮いた出張費で、一人でディズニーシーへ、出張の度に行って居りました。
















アマゾンお買い得情報(家電・デジカメ等)




posted by 某研究者 at 10:10| 東京 ☔| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

北海道旅行 昭和新山 その2

s-北海道旅行2006042230.jpg北海道旅行 昭和新山 その2

 今回は、嫁はんとの二人旅です。

 火山学にも興味のある私は、昭和新山を訪れています。しかし、嫁はんはこれが最初です。

 説明は地元の郵便局長だった三松正夫さんの観察記録から記載致します。この記録はミマツダイヤグラムと名付けられ、火山学的に貴重な資料となっています。

標高:398m
種類:溶岩ドーム
 明治新山等と同じく有珠山の側火山の一つです。デイサイト質の粘性の高い溶岩により溶岩円頂丘が形成されています。写真では判り難いかも知れませんが、現在も噴気活動が見られます。

 昭和新山は、1943年12月から1945年9月までの2年間に17回の活発な火山活動を見せた溶岩ドームであります。
 三松さんは世界的にも貴重な火山の徹底的な保護と、家と農場を失った住民の生活の支援のために、民家から山になってしまった土地の買い取りを行ったそうです。このため昭和新山は三松家の私有地であり、ニュージーランドのホワイト島等と同じく、世界でも珍しい私有地内にある火山であるそうです。1957年には特別天然記念物に指定されています。
 現在、昭和新山の駐車場の脇には、三松正夫記念館が建っていますので、是非ともご覧下さい。三松正夫さんによる観測記録などの資料類が展示されています。

 駐車場に面した土産物屋の裏側にこのような物が在りました。これは熊の頭蓋骨です。この説明は次回に回します。

 昭和新山は洞爺湖サミットで有名な洞爺湖の近くになります。その会場となった「ザ ウィンザーホテル」は洞爺湖の端の山の頂上に建っています。

 ウィンザーホテルのホームページのアドレスを記載致しておきます。
http://www.windsor-hotels.co.jp/toya/

 それから、このブログと殆ど同時進行で、私のホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、是非とも御出で頂ければと思います。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。特に旅行記の写真は、ここよりも大きな写真を多用して、必要なところは判りやすく致しておりますので、ぜひお越し下さい。また、旅行記はこのブログより記事が先行致して居ります。写真もここより大きな写真を掲載致して居ります。毎日、三回程度更新致して居りますので、是非ともお越し下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。

http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;

http://kameyamachikusei.web.fc2.com/

 今回の旅行には使っていませんが、東京などの学会や研究セミナーなどの出張には、下記のプランを使えて、安く旅程が組めてとても便利です。是非とも、利用してみて下さい。
 下記のバーナーをクリックして頂ければ、出張や、旅行の予約が簡単に出来ます。特にANA楽パックは、ホテルと飛行機などを別々に予約するより遥かに安価になりますのでお勧めです。私も東京などの出張には必ず使っていました。浮いた出張費で、一人でディズニーシーへ、出張の度に行って居りました。
















アマゾンお買い得情報(家電・デジカメ等)















posted by 某研究者 at 16:03| 東京 ☔| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

有珠山西山火口群その27

s-20070627余市52.jpg有珠山西山火口群その27
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、有珠山西山火口群の記事の最初に掲載しなければいけなかった写真です。前後が逆になって申し訳ありませんでした。
西山火口群の全体の案内板です。今回の写真では、文字が読めないと思いますが、私のホームページでは、必要に応じて大きな写真を掲載致しております。どうぞ、お越し下さい。

それから、このブログと殆ど同時進行で旅行記を、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

メインのホームページです。アクセスしにくい時は、下記のミラーリングのホームページへどうぞ。
http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;http://kameyamachikusei.web.fc2.com/


母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ






posted by 某研究者 at 19:46| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有珠山西山火口群その26

s-20070627余市51.jpg有珠山西山火口群その26
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、「とうやこようちえん」の園舎の写真です。先に西山火口群に登ってしまったので、こちらが後回しになってしまいました。
写真は幼稚園の運動場側から写した写真です。このように幼稚園の園舎は、火山弾に依って破壊されています。室内にも火山弾が屋根や壁を突き破って突入し、至る所に転がっておりました。

それから、このブログと殆ど同時進行で旅行記を、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

メインのホームページです。アクセスしにくい時は、下記のミラーリングのホームページへどうぞ。
http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;http://kameyamachikusei.web.fc2.com/

母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ



posted by 某研究者 at 14:30| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有珠山西山火口群その25

s-20070627余市50.jpg有珠山西山火口群その25
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、「とうやこようちえん」の園舎の写真です。先に西山火口群に登ってしまったので、こちらが後回しになってしまいました。
写真は幼稚園の運動場側から写した写真です。このように幼稚園の園舎は、火山弾に依って破壊されています。

それから、このブログと殆ど同時進行で、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

メインのホームページです。アクセスしにくい時は、下記のミラーリングのホームページへどうぞ。
http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;http://kameyamachikusei.web.fc2.com/


母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ





posted by 某研究者 at 09:30| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

有珠山西山火口群その24

s-20070627余市49.jpg有珠山西山火口群その24
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、「とうやこようちえん」の園舎の写真です。先に西山火口群に登ってしまったので、こちらが後回しになってしまいました。
写真の中央の出入り口の左側の壁に、大きな火山弾が突き刺さったままになっているのが、見えると思います。このように幼稚園の園舎は、火山弾に依って破壊されています。

それから、このブログと殆ど同時進行で、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;

http://kameyamachikusei.web.fc2.com/


母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ



posted by 某研究者 at 19:38| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有珠山西山火口群その23

s-20070627余市45.jpg有珠山西山火口群その23
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、西山火口第1展望台からで、案内板から少し離れたところで撮った写真です。中央の三角形の山の右側が有珠山です。
今なお盛んに噴煙を上げている主噴火口は、写真の様に活発に活動しています。しかしながら、当面は噴火の兆しは無いそうですので、近いうちにでも現地を訪れられると良いと思いますが、如何でしょうか?


それから、このブログと殆ど同時進行で、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;

http://kameyamachikusei.web.fc2.com/



母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ





posted by 某研究者 at 13:20| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有珠山西山火口群その22

s-20070627余市43.jpg有珠山西山火口群その22
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、西山火口第1展望台からで、案内板の近くから撮った写真です。
今なお盛んに噴煙を上げている主噴火口は、写真の様に活発に活動しています。しかしながら、当面は噴火の兆しは無いそうですので、近いうちにでも現地を訪れられると良いと思いますが、如何でしょうか?


それから、このブログと殆ど同時進行で、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;

http://kameyamachikusei.web.fc2.com/



母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ





posted by 某研究者 at 09:27| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

有珠山西山火口群その21

s-20070627余市42.jpg有珠山西山火口群その21
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
今回の写真は、西山火口第1展望台からの写真です。
今なお盛んに噴煙を上げている主噴火口は、写真の様に活発に活動しています。しかしながら、当面は噴火の兆しは無いそうですので、近いうちにでも現地を訪れられると良いと思いますが、如何でしょうか?

それから、このブログと殆ど同時進行で、私の二つのホームページでも写真などを公開しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

http://www.niji.jp/home/isaac/

ミラーリングのホームページアドレス;

http://kameyamachikusei.web.fc2.com/


母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ






posted by 某研究者 at 18:19| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有珠山西山火口群その20

s-20070627余市41.jpg有珠山西山火口群その20
2000年3月の有珠山噴火の西山火口群からの噴火の様子をご記憶の方もいらっしゃると思います。
前回の記事の近くに在った写真案内板の右側の写真の現状です。
この噴火口では、噴火当日、道に敷設していた水道管が隆起のために破壊されて、その修復工事の為に水道業者が工事をしていたそうです。突然、噴火が起きたので、業者は重機などをそのまま現場に放置して避難したそうです。写真では見にくいかもしれませんが、その重機が写っています。

それから、このブログと殆ど同時進行で、私のホームページでも写真などを公開しております。必要に応じて拡大した写真も掲載しております。トップページの中央当たりに、そのページへのリンクを貼ってありますので、こちらにもお出で下さい。お待ち致しております。以下が、私のホームページのアドレスです。旅行記も新たに書き始めておりますので、宜しくお願い致します。

http://www.niji.jp/home/isaac/

母の日のお勧めのスイーツの紹介です。

母の日のプレゼントにおすすめのスイーツ




posted by 某研究者 at 11:06| Comment(0) | 火山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。