楽天市場:お勧めの逸品
使うほどに味が出る本革トランクリーブス 人気モデル「サルサ」の最上級シリーズ リモワ サルサ デラックス 長期の旅行に最適な大型キャリーケース イーグルクリーク ORV
長期の旅行に最適な超大型キャリーケースイーグルクリーク 日本製!クラシカルなフォルムのハンドメイドトロリータイムボイジャー TVドラマや映画でも良く見る siffler(シフレ) ユーラシアトランク キャリーケース

2012年09月26日

私の好きな寺社仏閣 西国三十三箇所札所第十三番 石光山石山寺

私の好きな寺社仏閣
西国三十三箇所札所第十三番
 石光山 石山寺


カトリック教徒ですが、個人的に由緒ある寺社仏閣に興味があります。
また四国は讃岐の国に住んでいますので、四国八十八箇所を廻ったこともありました。

今回はこれまで行った寺社仏閣の中で大好きな建物をご案内致します。

この寺は紫式部が「源氏物語」を書き始めるにあたって、須磨の巻の情景のイメージを思い付いた事で有名ですね!
光源氏が須磨に流されて都の華やかな様を思い出して涙に暮れる場面が、この地で十五夜の月が琵琶湖に映る情景から思い浮かんだと云われています。

長女が休みで帰って来ていたので、大学へ戻る見送りがてら石山寺へ家族と一緒に行く事にしました。
本当は立命館大学の在学・卒業生の父兄対象の「教授に依る歴史学的考察による京都近辺歴史案内」に参加出来ればと考えていました。
しかし、家族揃って歴史に触れたくなって、今回の小旅行に出掛けたのでした。

石山寺はご存知のように「西国三十三箇所観音霊場の札所」です。
歴史的に札所としての存在と云うより、この寺は文学の薫り高い文芸・芸術の寺になります。
平安時代には先ほどの紫式部だけでなく、『蜻蛉日記』の藤原道綱母、『更級日記』の菅原孝標女、 『和泉式部日記』の和泉式部などが、この寺について書き綴っていました。
また松尾芭蕉はこの寺へ何回も住み込んで多くの句を詠んでいます。
近世では島崎藤村が境内の密蔵院に二ヶ月ほど滞在して作品を書いています。

他に源頼朝が東大門、多宝塔などを寄進したと伝えられています。

それでは写真にて石山寺をご案内致します。

ishiyama400001.jpg
東大門

ishiyama400002.jpg
硅灰石

ishiyama400003.jpg
蓮如堂と本堂への石段

ishiyama400004.jpg
紫式部が「源氏物語」を書き始めた部屋

多くの大きな写真を使いましたので、ブログより大きな写真を載せられる私のホームページへ申し訳ありませんが、下記のリンクよりお越し下さい。↓
私の好きな寺社仏閣
posted by 某研究者 at 15:37| 東京 ☀| Comment(0) | 私の好きな寺社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。