楽天市場:お勧めの逸品
使うほどに味が出る本革トランクリーブス 人気モデル「サルサ」の最上級シリーズ リモワ サルサ デラックス 長期の旅行に最適な大型キャリーケース イーグルクリーク ORV
長期の旅行に最適な超大型キャリーケースイーグルクリーク 日本製!クラシカルなフォルムのハンドメイドトロリータイムボイジャー TVドラマや映画でも良く見る siffler(シフレ) ユーラシアトランク キャリーケース

2010年03月21日

こんな事を書くと・・・・1

こんな事を書くと・・・・1
  
最近、毎日の様にフォーククルーダーズと女子12楽坊の曲を聴いています。
iBookにCDから落として聴いているのですが、昔の事を懐かしく思いながら、パソコンとMacに向かって解析とデータ整理をしています。
歳がばれてしまいますが、私がフォーククルーダーズを聞き始めたのは中学に入った当初でした。
あの頃、「帰って来た酔っぱらい」、「悲しくてやりきれない」と次々とヒット曲を発表していたフォーククルーダーズ・・・・。その頃に買ったLPの中に、私が好きになった曲が幾つかありました。
前回の記事では、曲の題名だけで曲を御存知ない方々には訳が判らない記事になっていたと思います。そこでこの記事を再掲載する事で、yuoutube へのリンクを加えさせて戴きたいと思います。
URL の右横のテキストリンクをクリックして戴くと、新しいページが開き、youtubeの関連ページに入って曲を試聴する事が出来ます。お試し下さい。
埋め込みのオブジェクトの再生ボタンを押すと、このページで再生する事も出来ます。


1.「何のために」
URL 「何のために」
   
 当時は反戦フォークが流行っていました。この歌もその傾向の歌で、いつしか口ずさむ歌の一つになっていました。未だに歌詞を覚えているので、余程気に入って印象深かったのだと思います。

2.「もう25分で」
URL 「もう25分で」

 もう一つあの当時に流行っていたフォークが、アングラフォークです。この曲はアメリカに原曲が在った様に思いますが、あと25分で死刑にされる死刑囚の歌です。深刻な歌ではなくユーモアに溢れていて、これも心に深く残っている歌の一つになりました。

3.「大蛇の唄」
URL 「大蛇の唄」

 これもアングラフォークの流れの歌で、これも確かアメリカに原曲が在った様な記憶が在ります。私がいつも歌っていたのは、現在聴いている曲とは歌い方が少し違うバージョンですが、このバージョンも面白いです。内容は、森を歩いていたら大きな蛇に出会い、その蛇に食べられてしまう様子を歌っています。

勿論、「帰って来た酔っぱらい」、「悲しくてやりきれない」も大好きな歌で、他にも「花のかおりに」、「青年は荒野を目指す」、「戦争は知らない」などなど・・・・・。
本当は特別に大好きな曲がありますが、それは明日に書き込みたいと思います。でも、ここまで書いて他の曲と云うと、何か判ってしまいますね?
これまでの曲で、懐かしいと思われる曲がありましたか?
それでは、また明日に・・・・・。
posted by 某研究者 at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | 思い出してみると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。