楽天市場:お勧めの逸品
使うほどに味が出る本革トランクリーブス 人気モデル「サルサ」の最上級シリーズ リモワ サルサ デラックス 長期の旅行に最適な大型キャリーケース イーグルクリーク ORV
長期の旅行に最適な超大型キャリーケースイーグルクリーク 日本製!クラシカルなフォルムのハンドメイドトロリータイムボイジャー TVドラマや映画でも良く見る siffler(シフレ) ユーラシアトランク キャリーケース

2009年05月02日

纒向遺跡

 纒向遺跡(奈良県桜井市)は東西約2キロ、南北約1.5キロで、邪馬台国が在った場所では無いかと考えられている遺跡です。今回、発掘調査された建物群は、3世紀前半の建物群と考えられ、卑弥呼と同時代の建物と思われます。この建物群は、宮殿の様に管理状態が良かったと推測されています。このことから、卑弥呼の宮殿だった可能性が浮上してくるのです。ただ私としては、仮にこの建物群の建設が倭国大乱の前後とすれば、環濠が検出されていないのが、気に掛かるところで、どのようにして、この卑弥呼の宮殿らしき区域を守っていたかが気になっています。同時期は環濠集落でその村の様な国を守っている例が多く、その防御性を高めるために西日本、特に瀬戸内海沿岸に高地性環濠集落が多く作られました。


 実は、この時期の時代をテーマにした小説を、二冊書き上げております。一冊は紙での出版で、現在、某出版社と調整中で、もう一冊は既に電子出版を致しております。電子出版をしている本は、ここ香川の西部に在る三豊市の荘内半島と、高松市の源平合戦で有名な屋島をその舞台としています。時代は弥生時代中期後半です。私の考古学研究の成果を、「浦島太郎」にそのテーマを求め、おとぎ話として構成致しております。決して、論文のような堅苦しく書いておりませんので、是非とも御購読を戴ければと思います。電子出版ですので、価格を抑えた設定に致しました。
 電子書籍出版社のでじたる書房さんのお世話で、下記の書籍を電子ブックで販売致しております。電子ブックですので、パソコンで読んで戴く様になります。下記のリンクを辿って下さったら、私の著作のページにジャンプ出来ます。お待ち致しております。でじたる書房さんでは無料の書籍も御座いますので、まずその書籍を御覧になっては如何でしょうか?でじたる書房さんのトップページの左側のでじたる書房ツールに、「でじブックリーダー」が御座いますので、「でじブックリーダー」をインストールしてからお読み下さい。そして無料コーナーが御座いますので、その本を選んでください。
でじたる書房のトップページへはこちらから;
http://www.digbook.jp
価格:315円
浦島太郎って誰? 上  リンク:
浦島太郎って誰? 上
urashima-hyoushi.jpg


 今回の様に、考古学の新たな発見を耳にする時、血が逆流する様な興奮を覚えています。本当は、私も発掘に携わって考古学研究の成果をあげたいと思いますが、今はそれも叶いません。
 今回のこのブログ記事は、考古学に興味のない方には申し訳なく思っております。
posted by 某研究者 at 10:45| Comment(0) | 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。