楽天市場:お勧めの逸品
使うほどに味が出る本革トランクリーブス 人気モデル「サルサ」の最上級シリーズ リモワ サルサ デラックス 長期の旅行に最適な大型キャリーケース イーグルクリーク ORV
長期の旅行に最適な超大型キャリーケースイーグルクリーク 日本製!クラシカルなフォルムのハンドメイドトロリータイムボイジャー TVドラマや映画でも良く見る siffler(シフレ) ユーラシアトランク キャリーケース

2012年08月13日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その14)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その14)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


さて、もう一つの八十八カ所の札所に・・・・正確には本来の札所に向かいましょう。

s-sutoku031.jpg
白峯宮:正確には本来の札所。

s-sutoku032.jpg

s-sutoku033.jpg
ここは白峯宮の境内の中に、八十八カ所の札所が在ります。
金華山 高照院 天皇寺・・・その寺名からも判ると思いますが、崇徳上皇とゆかりの有る寺です。
元々は上皇より以前から「摩尼珠院」として存在していましたが、上皇暗殺後に二条天皇より崇徳天皇社を建立し、上皇の荒ぶれた御霊を鎮めるようにとの勅命が出されました。
それ以後、明治維新後の神仏分離令(廃仏毀釈令)で、崇徳天皇社は白峰宮として残り、摩尼珠院は廃寺となり暫くして白峯宮の境内を間借りするように「金華山 高照院 天皇寺」が建立されました。

s-sutoku034.jpg


蛇足ながら、京都の白峯神宮は幕末時代の孝明天皇が都に崇徳上皇の御霊を移すようにと徳川幕府に命じたが、その後に崩御なされて実現しなかった。
そこで明治天皇がご自身の即位の礼の前に勅使を讃岐の遣わせ、崇徳上皇の御霊を都に鎮座せしめたそうです。

また昭和天皇も崇徳天皇八百年祭に勅使を讃岐の白峰御陵に勅使を遣わしたそうです。

京都の白峯神宮の地主社として、その境内には精大明神(せいだいみょうじん)も祭られて居て、蹴鞠の守護神、「まり精大明神」とも言い、球技・スポーツ芸能上達の神と言われています。
その関係で現在ではJリ−グのサッカー選手やバレー選手などもよく参拝しているそうです。


現地を巡りながら、嫁ハンはドラマに登場する「崇徳上皇」を思い浮かべながら、
「決して何も悪い事をしていないのに・・・こんなに酷い目に遭って可哀想なお方・・・。」
と少し涙声になって感想を言っていました。


多くの写真を掲載致しましたので、十四回に渡ってUp致しました。

(その13)からの更新が滞って申し訳有りませんでした。

実は私の研究案件(視覚障害者の方の為の擬似的に見える機器・聴覚障害者の方の為の擬似的に聞こえる機器)の研究開発を、研究所を辞めてから個人的に進めています。
数日前に(聴覚障害者の方の為の擬似的に聞こえる機器)のこれまでの私が発案してきた方式と違ったシステムを思い付き、ブログの更新もせずにそれの検証を行って居りました。
しかし研究費が底をついてる現在、新たな実験器具を購入する資金も無く、実証実験に入る事が出来ません。
歯痒いと感じながらも折角発案した方式の検証に打ち込んでいました。

ここまで「NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地」をご訪問して頂き、そしてご高覧頂いたことに感謝致します。

Googleの地図データを含めた下記のページをご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思いますので、大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って

崇徳上皇の御陵が在る五色台の公共宿泊施設です。

香川県人なのに休暇村に家族と泊まった事が有ります。
宿泊目的はプールと夜の眺望です。

休暇村 讃岐五色台


かんぽの宿も泊まった事が有ります。
時期は冬で鴨鍋を食べに・・・・。ここも夜景が綺麗です。

白峰温泉 かんぽの宿坂出
posted by 某研究者 at 12:12| 東京 ☁| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その13)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その13)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。

前回の記事は私の言葉で、崇徳上皇の天皇陵の雰囲気を汚したくなかったので、必要最低限のご案内だけに致しました。


西行法師の道

s-sutoku009.jpg

s-sutoku017.jpg

西行法師は大河ドラマ「平清盛」でも出てきますが、佐藤義清(のりきよ)が出家して西行法師になりました。
和歌を通じて崇徳上皇とは親交が深く、上皇の崩御を深く悼み慰霊のためにこの地に訪れました。

日本最大にして最強の怨霊となった崇徳上皇の霊を慰め鎮める為に西行法師が、この天皇陵に参って和歌を詠んで、

「よしや君 昔の玉の
  床とても かゝらん後は 何にかはせん」

と、崇徳上皇の御霊を慰めました。
また、天皇陵に隣接する白峰寺境内には頓証寺(とんしょうじ )と勅額門が鎮座しています。
頓証寺と勅額門の建物は、流されて過ごした行宮(御所)を、死後にここに移築した事になっています。
現在残っている建物は、火災で焼け落ちた為に高松藩主松平家が再建した建物です。
この札所には、天皇陵、頓証寺、勅額門と遺跡が多く残っています。

s-sutoku022.jpg


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 某研究者 at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その12)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その12)


崇徳上皇御陵

s-sutoku018.jpg

s-sutoku019.jpg

s-sutoku020.jpg

s-sutoku021.jpg


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 某研究者 at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その11)

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その11)

保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


s-sutoku016.jpg
四国八十八カ所第八十一番白峯寺 (白峰寺)です。

「?・・・どうして四国八十八カ所のお寺に?」と思われますよね?
長寛二年(1164年)8月26日に、都から送り込まれた刺客に暗殺された上皇は、ここで葬られています。
この札所は「崇徳天皇菩提所」で在ると同時に、この寺の西側に崇徳上皇の天皇陵が在るからです。
奈良県や京都府、大阪府以外には、ここ崇徳上皇の天皇陵、下関市の幼帝安徳天皇陵、そして淡路島の南あわじ市の淳仁天皇陵にしかなく、大正天皇と昭和天皇が八王子市にその御陵が在るだけです。

shiramineji01.jpg

shiramineji02.jpg

お四国さん(四国八十八カ所巡礼)にご関心の有られる方は下記のページへお越し下さい。↓
お四国さん(四国八十八カ所巡礼)

多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 某研究者 at 13:15| 東京 ☁| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その10)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その10)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。

やっと「白峰」に着きました。

s-sutoku012.jpg

左の道を下りると「下乗」の石碑が在って、昔はこれより先には乗り物(輿・馬・駕籠)に乗って行く事が出来ません。
しかし現在は白峰寺の山門前に駐車場が在りますので、そこまで車で・・・。

左の坂道を入って直ぐ左側に展望台が在ります。

s-sutoku015.jpg

坂出市と瀬戸内海の眺望・瀬戸大橋も見えます



多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 某研究者 at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その9)

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その9)

保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。

「血の宮」での事があって、やっと葬送の列は順調に白峰を登って行きます。

s-sutoku007.jpg

s-sutoku008.jpg
目的地は荼毘に付す予定地の「稚護が滝」。
この滝の上流の土地で上皇は荼毘に付されたとの事です。

余談ですが、この滝は大雨の時くらいしか滝になりません。
年に数回だけ滝になった「稚護が滝」を観ることが出来ます。
私の大好きな滝の一つです。

s-sutoku010.jpg

s-sutoku011.jpg


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って

崇徳上皇の御陵が在る五色台の公共宿泊施設です。

香川県人なのに休暇村に家族と泊まった事が有ります。
宿泊目的はプールと夜の眺望です。

休暇村 讃岐五色台


かんぽの宿も泊まった事が有ります。
時期は冬で鴨鍋を食べに・・・・。ここも夜景が綺麗です。

白峰温泉 かんぽの宿坂出
posted by 某研究者 at 16:28| 東京 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その8)

NHK大河ドラマ「平清盛」の
崇徳上皇の終焉の地(その8)


保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


さて都から派遣された勅使の検死と葬送の許可が出たので、崇徳上皇の玉体の葬列が埋葬の地と決まった五色台の白峰へ向かいます。

s-sutoku006.jpg
白峰の裾野へ葬送の列が辿り着いた頃、急に玉体を乗せた牛車が動かなくなってしまいました。
どうしても動かないので、暫くの間その地に留まることに・・・。

すると上皇の玉体を収めたお棺から血が滴って地面が血に染まっています。
その現象が済むと、再び牛車が動く状態になったそうです。

s-sutoku023.jpg
後の世にこの地に「血の宮」と云う神社が建立されました。

毎日暑いですので、この記事で少しは涼しくなりましたか?

多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って
posted by 某研究者 at 11:31| 東京 ☁| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その7)

NHK大河ドラマ「平清盛」の崇徳上皇の終焉の地(その7)

保元の乱が終わり、崇徳上皇は流罪と決します。

その配流の地は、私が住んでいる香川県(讃岐の国)でした。
隣の市になりますが、坂出市に流されて来ました。

一番最初に上皇が上陸した松山津、生活なされた「雲井御所」と「木の丸殿」、崩御なされ埋葬された白峰寺の天皇陵、二条天皇が崇徳上皇の御霊を慰める為に建立した「白峯宮」までご案内致します。
約八年間の流罪生活の基盤を嫁ハンと共に訪ねる事にします。
嫁ハンと一緒に訪れた時は案内説明に一生懸命になって写真を撮って居ませんでした。
改めて訪れる機会を作って写真を撮影してきました。


s-sutoku030.jpg
野澤井(のざわい)
暗殺されて都から勅使が到着するまで、真夏に崩御なさった上皇の玉体(遺体)が腐敗しないように「野澤井(のざわい)」と云う湧き水に浸して居ました。
白峯宮の直ぐ裏手に有る泉です。

s-sutoku029.jpg
現在では八十場の泉として、この湧き水で冷やしたトコロテンが有名で、多くの人達が涼を求めて訪れています。
付近は身の毛がよだつほどの冷気(霊気)に満ちて、夏には本当に涼しく感じる所です。


多くの写真を掲載致しますので数回に渡ってUp致します。

この情報の続きは下記のページでご覧下さい。ブログで掲載している写真では案内板の文字が読めないと思います。
ホームページでは案内板の文字が読めるようにもっと大きな写真を載せています。↓
崇徳上皇ゆかりの地を巡って

崇徳上皇の御陵が在る五色台の公共宿泊施設です。

香川県人なのに休暇村に家族と泊まった事が有ります。
宿泊目的はプールと夜の眺望です。

休暇村 讃岐五色台


かんぽの宿も泊まった事が有ります。
時期は冬で鴨鍋を食べに・・・・。ここも夜景が綺麗です。

白峰温泉 かんぽの宿坂出
posted by 某研究者 at 13:26| 東京 ☀| Comment(0) | 崇徳上皇の終焉の地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。